<< HOLA! MATSUE! | main | エスカぺ ボンボン >>

Hola! Matsue! Gypsy Bong-Bong! の記録と記憶。

 

Hola! Matsue!

 

福島県郡山市の "sonora burger" に次いで、二度目のGypsy Bong-Bong!開催のため、島根県の水の都、松江は宍道湖のすぐ近くのカフェ "Arrivo"へ行ってまいりました!

 

前日の夜中に松江入りした我々は、今回の松江Bong-Bong!の共同開催者たちと合流&乾杯!

ブワッ!と盛り上がってしまい、写真は一枚もございません。

 

松江チームは翌日早朝からの準備にもかかわらず、とことん付き合ってくれまして、お開き。

 

4月なのに、桜も散りゆく頃なのに、凍えるほど寒く、雨風もなかなか。

宍道湖も激しくうねる笑

 

 

まずは蕎麦。

今回のBong-Bong!にも出展要請していた、松江の皆が絶賛の"東風(こち)"さん。

確かに、美味い!

今回はスケジュール合わずでしたが、次回は是非!

 

桂雀太さんと合流し、コーちゃんオススメのナイスビューな喫茶店でコーヒー飲んでから、会場入り。

 

 

 

会場に着くと、立っておりました。

強風の中でも、ピシッとティピは立っておりました。

 

 

 

 

 

 

ティピの中は子供の王国。

ヘアメイクやネイルで、キッズたちのテンションも上がっております。

子は国の宝と、齊彬さんも言うております。

 

 

 

中ではYOGAの初級入門編。

ヨッシーも精神と体を整えておりました。

 

 

 

 

 

 

松江ボンボンの立役者のひとりでもある、湯nityアダチ氏による、活け花ワークショップと、お茶点て。

アダチ氏の表現力と探究心と反骨パンクス精神には、グググっときました。

ナイスガイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして雀太さんの落語二席で、会場はひとつとなりました。

大阪と松江もひとつになった瞬間でした。

まぎれもないホンモノ感に、感動したり笑ったり感心したり、揺さぶられて震えました。

 

NHKの取材を受ける大阪の石丸さん。

 

 

 

頭にけん玉を笑うのは、Arrivo店主のタチ君。

 

 

タチ君は松江駅近くで、バーとゲストハウスもやっていて、器の買い付けで松江に行ってたコーちゃんがたまたまそこに立ち寄ったことから、このパーティーは始まりました。

会ってから2年、大阪と松江の距離も関係なく、つながる人はつながると、改めて確信しました。

タチ君何から何までお世話になりました。

酒癖がなかなかのクセもので、そこがまた可愛いタチ君でした。

 

IMAGINE COFFEEの岸本さん

コーヒーのハンドドリップのワークショップも好評で、県外あちらこちらへも行ってるそう。

今年訪れたというホンジュラスの豆も販売。

酸味の効いた浅煎りで、美味しかったす!

店舗もいい雰囲気ともっぱらの噂なので、是非行ってみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝まで続いた打ち上げで、夢を語る旅の料理屋マサ君と、それを聞く雀太さん。

いい瞬間!

 

 

 

Arrivoでのイベント開催は初めてと言ってましたが、考えられないくらいのスタッフと出展者のチームワークの良さ!

あれやこれや満載の内容も、手際よく運び、どこを切っても最高の時間になったと思います!

これからもいろんな形で、松江の皆!太く長くよろしくです!

次は暖かい日に!笑

 

 

 

 

 

 

おかげさまで、Westy Bong-Bong!は10周年。

これからも色々と仕掛けていこうと思いますので、末長くよろしくお願いいたします。

 

SWE

YUJI

Coh-chang

Yossy

hiroyuki the smiley7

 

 

at 11:01, Westy Bong-Bong!, EVENT REPORT

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 11:01, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

コメント
comment
コメントする








   
trackback
url:http://bong-bong.jugem.jp/trackback/1491