スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

あん

秋がことしもええ感じで深まってきてます。
食欲無限大。
ヒロユキです。

河瀬直美監督の映画「あん」を見ました。

初の大阪九条のシネヌーヴォ。
京都に住んでた時によく行ってた、みなみ会館とおんなじ空気。
映画とそれにまつわるモノが、ものすごい密度で漂うあの空気。
好きなやつです。



どら焼き屋と、老婆と、若者と、あんこと親子と、人の弱さと、生きることとハンセン病。

映画始まった瞬間から、画面に吸い寄せられて、気がつけば2時間。
ドキュメンタリー映画のような河瀬監督の視線、物質的にも精神的にも距離が近い。
ザ・リアル。

樹木希林師匠の演技も、もう神がかりで、爆笑させられて、号泣させられて、完全にアドリブ!と思わされるシーンもちらほらあって、超一流の安定感に幸せも感じました。


大学時代に、人権問題の授業でハンセン病のこと調べてレポート書いたんですが、病気の特徴として外見が、著しく損なわれることや、原因、感染経路がわかってなかったことなどから、考えられないようなひどい差別を受けてきた病気。
らい病とも呼ばれ、恐れられてきたこの病気に対する社会の措置は、
人間そこまで残酷になれるか、というような内容の「らい予防法」として強制的なものでした。
調べながら、涙が止まらんかったことを思い出す。
これが廃止されたのが、1996年。


もののけ姫で、エボシがアシタカを案内した場所で、
鉄砲を製造している身体中に包帯を巻いた人たちは、ハンセン病患者ということです。
その中のひとりが、エボシを殺そうとするアシタカに、

「お若い方、わたしも呪われた身ゆえ、あなたの怒りや悲しみはよくわかる。
わかるが、どうかその人を殺さないでおくれ。
その人は、わしらを人として扱ってくださった、たった一人の人だ。
わしらの病を恐れず、わしの腐った肉を洗い布を巻いてくれた。
生きることは、まとこに苦しく辛い。
世を呪い人を呪い、それでも生きたい。
どうか愚かなわしに免じて・・・」

エボシは、どこにも居場所のなかった彼等に仕事を与えて、雇用することで、生きる場所、活躍できる場所を提供した。
現代にも通じる社会が持っている問題の根底は、「知らない」っていうことからくる、恐怖や偏見が生み出すんやなと。
あんなに腹立たしかったエボシのことを、ええ人すぎる!って、涙こぼして、尊敬までするようになったシーンです。

「あん」で、樹木希林師匠を通して、ハンセン病患者の苦しみや、葛藤や、それでも生きている中で感じる喜びを、リアルにひしひしと感じることができました。

内容のことは言うてもアレなんで、アレしときますが、
ほんまにすばらしい映画でした。
機会があれば、鑑賞してもらいたいなと思います。

手作りのあんこが、食べたくなることマチガイ無しな映画でもあると思います。
 

at 12:22, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

キングスマン




昨日の夜、スエちゃんと映画館に行きまして、絶賛公開中の映画、「キングスマン」を見てきました。

これが、全編スタイリッシュで超ハイテンションのぶっ飛びまくった映画で、最高でしたわ〜

表向きはサヴィルローの高級仕立て屋、実は一流スパイ。
え?ほんまにおもろいの?って設定ですけども、ダイジョウブです。

後半怒涛の展開に、両手あげて立ち上がりたいほどの衝動。




そんなスエちゃんは、今夜シネマチックサルーンに登場だそうです。
http://blog.cinematiksaloon.com/post/129289058679/毎週金曜日の24時?fb_ref=Default



Westy Bong-Bong!はシルバーウィークも、お呼ばれDJで20日と23日に登場しまっす!
よろしゅうたのんます!

ヒロユキ

at 12:22, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ウェディングベルを鳴らせ!

ウェディングベルを鳴らせ!
(2007 セルビア/フランス)

エミール・クストリッツァ監督

いろんな要素がぎゅうぎゅう詰めの2時間
あいかわらずのぶっとび具合で、小さくしぼみかけてた想像力を蹴り上げられました
最高ですわ〜





ヤスナ役のマリヤ・ ペトロニイェヴィッチがべっぴんです。

ヒロユキ

at 01:28, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Lords of Dogtown



2005年の映画「ロード・オブ・ドッグタウン」見ました。

Z-BOYSの悪さも痛快!
音楽もナイス!
イカレまくってるスキップ役のヒース・レジャーも痛快!
ジェイ役のエミール・ハーシュもナイス!



ヒロユキ
 

at 09:50, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

レナード・チェス

映画「キャデラック・レコード」を見た。

1950年代、シカゴのチェスレーベルのはじまりから、黄金期〜衰退してくまで。
ミシシッピの農民、マディ・ウォーターズと、ポーランドからの移民でチェスレコード立ち上げ人レナード・チェスとの出会いやら、リトル・ウォルターのブルースハープやら。
ハウリンウルフとマディのケンカやら、レコード売れまくって、キャデラック買いまくったり。
チャック・ベリーの音楽が、当時の黒人と白人の間の垣根をとっぱらったり。

エタ・ジェイムスをビヨンセが演じてて、その迫力が、またすごい。
ナイトビートレコード代表のDJ Jamesが言うには、エタが娼婦やったなんて、ありえんな〜。ぶつぶつ

ローリングストーンズも、チェスレコードのスタジオでレコーディングしてたんやな〜

ウィリー・ディクソンがウッドベース弾きながら、マディーにフーチークーチーマンを伝えるとこは、グッときました。




リトル・ウォルターはぶっ飛んでますわ。
そら、こんな顔面ボコボコにもなるわ。



14年前に単身シカゴに乗り込んだオレ。ただの旅行やけど。
マイケル・ジョーダンの銅像を見にユナイテッドセンターへ行く途中に、銃声を聞き、すっかり腰がぬけました。
お金がまったくなかったので、ホットドッグばっかり食べて、チャックベリーのVHSテープだけ買いました。

ヒロユキ

Next Bong-Bong!は、4/12

at 22:47, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

日本の少年よ、まだ風は吹いているか

ヨッシー、スエちゃん、マリインは、フジロックへ韓国へ、夏のフェスを駆け回っておるようで、楽しそうですな。
辛いもん苦手なヨッシーは、韓国でええ汗かいてるやろうな〜

そんな夏の日に、 久しぶりの映画館。
「風立ちぬ」を見ました。

これは、
沁みました。
さすがっす。

ユーミンの唄が頭の中をぐるぐる回っております。

ユージも見たと言ってましたが、かなりよかったので、もう一回見に行きたいとのこと。
分かるわ〜

あっという間の二時間。

悔いは、なぜか左右の足のアキレス腱あたりを、映画館の中で蚊にかまれるという。
そしてかゆいかゆいと、後半の心をしめつけられるような名場面で、集中を若干邪魔されるという。
くやしい思いを、モスキートに。


ほんま、じわじわ沁みる作品でした。
庵野監督の声、よかったっす。

No War!

ヒロユキ

at 23:07, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

CHAT NOIR,CHAT BLANC

エミール・クストリッツァ監督の「黒猫白猫」を見ました。

ユーゴスラビア、ドナウ川のほとりに暮らす、ジプシー達の話。

これはもう、そうとうにぶっとんでましたが、最高です!
脳みそを、ガシガシと蹴り上げられたような、快感と刺激です。

人生の楽しみ方は、ロマに学べ!

音楽も、最高!

チューバのベースライン、たまらんね〜

ドーベルマンのケンちゃんは、アコーディオン持ってそのまんま出演できそうな感じやな

 


ヒロユキ

at 22:26, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

リヨンの男たち

フィッシュボーン来日!
楽しみです!
ヒロユキです
 
フランスの映画
「そして友よ、しずかに死ね」を見た。

「あるいは裏切りという名の犬」のオリヴィエ・マルシャル監督
これも傑作!

1970年代フランスで大暴れした、実在したギャング、エドモン・ビダル(通称モモン)が主役。
モモンはロマ(ジプシー)。
1950年から60年代に、ロマとして受けた差別が、モモンの人生に大きな影響をあたえる。
実際に、さくらんぼをひとつかみ盗んだことで、必要以上に重い刑を受けたことが、道を踏み外す大きな要因であったようだ。
1970年代には、ド・ゴール政権の資金調達をしたり、社会的にも強い影響力を持つ。
モモンは麻薬商売には手を出さなかった。
ドン・コルレオーネ然り。

フランスのギャングたち、スタイリッシュ
アジトに集まって酒を呑んでいる後ろで、ガットギターとバイオリンでなにげなくジャンゴ風セッション。

アジトって、初めて使ったわw

この「リヨンの男たち」が活躍?したリヨン。
パリから南東へ400キロくらいにある街で、調べると興味深いっす。
行きてーっす!



at 00:24, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

CUBA

ヨッシー、BALIいいね〜
ユージ、缶バッジいいね〜



 
最近、ちょこちょこ映画見てます。
今日はこれ
「7 Days in Havana」
キューバのハバナの一週間を、7人の監督で一日ずつ。

火曜日には、セルビアのエミール・クストリッツァ監督が、本人役で登場。
オエーオエー、ゲロ吐いて、ぶっ飛んでました。


ちゅうわけで、Westy Bong-Bong!は明日です!

ヒロユキ

at 01:04, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Buena Vista Social Club



Buena Vista Social Club

GOOD MUZIK !!!!!!!!!

GOOD LIVE!!!!!!!!!!!


やっぱりいい。

こんな大人になりたい。


SWE



at 01:50, Westy Bong-Bong!, TODAY'S GOOD CINEMA

comments(1), trackbacks(0), pookmark